平成24年2月16日更新



住宅ローン控除の確定申告サービスのよくある質問


【申込後について】

● 申告後についてのご質問
Q1:家を購入した矢先、転勤になってしまいました。家は賃貸の予定ですが、この場合、住宅ローン控除の対象から外れてしまうのでしょうか?
Q2:住宅ローン控除を受けて2年経ちますが、主人の仕事が忙しく、会社の勧めもあり引越しをすることになりました。
   引越しをしても住宅ローン控除を継続することができますか?

Q3:申告書完了のメールにて、「ローン控除を適用した結果、所得税の還付額は、149,200円となりました。
   なお、5月ごろ通知される住民税については、97,500円将来の納税額が減額されることになります」とありますが、住民税の減額後の残り
   51,700円は、どこに行くのでしょうか?



Q1:家を購入した矢先、転勤になってしまいました。家は賃貸の予定ですが、この場合、住宅ローン控除の対象から外れてしまうのでしょうか?

A1:賃貸している期間中は住宅ローン控除を受けることができません。
しかし、ご自身の転勤であり、止むを得ない事情に該当すれば「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」を事前に税務署に提出し、戻ってきてから同じ部屋に住めば、残った期間について住宅ローン控除を受けることができます。

転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出手続

Q2:住宅ローン控除を受けて2年経ちますが、主人の仕事が忙しく、会社の勧めもあり引越しをすることになりました。
引越しをしても住宅ローン控除を継続することができますか?

A2:住民票を移すかどうかにより決まります。
住民票は元のご自宅のままで、仕事のためにセカンドハウス的に東京の家を借りるのであれば、今までどおり年末調整により住宅ローン控除を受けることができます。 また、住民票を異動させる場合には、勤務地に変更はなく転勤とは言えないのであれば将来を含め住宅ローン控除を受けることはできません。

転勤と住宅借入金等特別控除等

Q3:申告書完了のメールにて、「ローン控除を適用した結果、所得税の還付額は、149,200円となりました。
なお、5月ごろ通知される住民税については、97,500円将来の納税額が減額されることになります」とありますが、住民税の減額後の残り
51,700円は、どこに行くのでしょうか?

Q3:両者は別々の内容になりますので、「減額後の残り」という概念はでてきません。
所得税の還付額149,200円は申告書提出後3週間ほどでお客様の銀行口座に税務署から振り込まれます。 一方住民税の減額は、平成24年分に通知される住民税が、住宅ローン控除の申告を行わなかった場合と比べ、97,500円減額されるということです。



新着情報Q&A料金表個人情報保護方針特定商取引法に基づく表記お問合せ
Copyright 住宅ローン控除.jp All Rights Reserved.
免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報は平成23年12月現在の法令に基づき、充分に注意を払って作成していますが、その内容について保証するものではありません。住宅ローン控除.JPは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また、本ウェブサイトを装ったウェブサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。